宅建に合格する

  

めざせ!一発合格!

勉強していく上での注意点

勉強するには、大切なことが多くあり、それぞれが気をつけていることもあると思います。
ですが、どういった勉強をするにせよ最低でも以下の3点は守って下さい。
「復習は欠かさない」「易しい問題から難しい問題へ」「楽しく学習できる環境を作る」復習と言うのは例外なく必要です。試験に合格する人や勉強ができるといわれている人は、復習を欠かさず行っています。

それでは何故復習が大切なのかと言うと、答えは簡単です。
人間の脳は忘れやすく出来ているからです。

通常、はじめて知ることを覚えようと思えば、ある程度繰り返し頭に叩き込まなければ覚えることはできません。
皆さんにも経験があると思います。


例えば、今まで聞いたことのない英単語を一度覚えただけでは、すぐに忘れると思います。
その忘却を阻止するためには、繰り返し書いたり、読んだりしながら覚えるしかないのです。

宅建の勉強だって同じです。初めて聞く専門用語を一度勉強しただけ覚えられるわけがありません。何度も何度も復習して、はじめて短期記憶から長期記憶に変わっていくのです。
ですから、復習というのは勉強をする上で、欠かせません。

次の易しい問題から難しい問題へ、楽しく学習できる環境を作るというのは、 目的は一緒で勉強に挫折しないためです。

勉強と言うのは、特別な人でない限り基本的に嫌いだと思います。
その嫌いになる一番の原因と言うのは、勉強がわからないからです。
ということは、いきなり難しい問題、つまり過去問をはじめてしまうと当然解くことが出来ないので、挫折してしまいます。


一方、はじめは易しい問題から解いていって徐々に難しい問題にレベルアップすれば、確実に問題が解けるようになることで自信にもつながり、基礎力をつけることも出来ます。

また、楽しく学習できる環境を作ることも挫折しないポイントです。
例えば、テキストや問題集だけでは、当然勉強に飽きてしまいますし、やる気も湧いてきません。
そこに携帯電話やパソコンで学習できる環境があると、普段から常にいじっているツールですので、無理なく勉強することができます。
それ以外にもハイビジョン撮影したDVD講義も迫力があり、テキストだけに比べて、勉強しやすく、しかもわかりやすく解説してくれるので、楽しく学習できるツールになります。